活力ある企業経営をサポートする「帯広商工会議所」の公式ホームページ

ホーム講習会他団体主催セミナー > 機能性表示食品セミナー・相談会開催のご案内:12月7日開催

講習会

機能性表示食品セミナー・相談会開催のご案内:12月7日開催

(2017年11月08日 更新)

「1年以内」で話題の「機能性表示食品」の表示をあなたの商品パッケージにつける方法があります。

 

公益財団法人食品流通構造改善促進機構では、「機能性表示食品」の表示を商品パッケージにつけるために、「何から取り組めばよいのか」「費用は一体いくらなのか」「開発期間はどのくらいか」「表示をしても売れるのか」「機能性表示食品の現状を知りたい」などの疑問を解決するため、本セミナーを開催します。

実践的な内容に加え無料相談会も実施しますので、加工度合いの低い商品に機能性を持たせたい方、そして実際に機能性表示食品に申請したものの不備事項にお困りの方など、是非ご受講ください。

 

 

 

 

20171102104351_00001日時

平成29年12月7日(木)

第1部 講演会 午後1時~3時10分

第2部 相談会 午後3時30分~8時

 

 

場所

北海道新聞帯広支社 道新ホール

(帯広市西4条南9丁目1番地)

 

 

プログラム

第1部:講演会(午後1時~3時10分)

 

講演① 「生鮮・加工度の低い食品と機能性表示」(午後1時~1時40分)

【講師】グローバルニュートリショングループ 代表取締役 武田 猛 氏

 

「すぐに使える」・「取りかかれる」をメインテーマに、生鮮と生鮮に近い加工度の商品に焦点を絞り込んで「機能性表示食品」の制度の要約と届出の準備、届出手順について解説します。

 

 

講演② 「機能性表示には近道がある」(午後1時45分~2時25分)

【講師】健康栄養評価センター 代表取締役 柿野 賢一 氏

 

機能性の実証手法は、臨床試験が約1割、研究レビュー(機能性に関する科学的な根拠論文)が約9割を占めています。研究レビューの活用こそ、中小企業・小規模事業者の方が機能性表示を手に入れる近道です。無駄な経費を掛けずに、賢く研究レビューを活用する方法について、事例を示しつつ解説します。

 

 

講演③ 「あなたもできる」(午後2時30分~3時10分)

講師:(株)サラダコスモ 研究開発部長 中田 光彦 氏

 

生鮮野菜の機能性食品第一号の「大豆イソフラボン子大豆もやし」を手掛けた講師です。実戦経験に裏打ちされたノウハウをリアルにお伝えし、届出を迷っている方、問題の解決方法が見えなくなっている方々にナマの情報をお届けします。

 

 

第2部:相談会(午後3時30分~8時)

講演会終了後の第2部では、講演会でご講演いただいた3名の講師が、皆様の疑問点について個別相談に応じます。

 

①自らが生産・販売する商品に関し、機能性成分が含有されているか?

②ズバリ、費用はいくら掛ければ「機能性表示」を手にできるか?

③オンリーワンとして商品化を図りたいが、コストや期間は?

④コストを掛けて開発した商品に果たして市場性があるのか?

⑤不備事項の対応に困っている。

 

など具体的な質問に業界の第一人者が対応します。なお、個別相談は各自30分程度とし、相談時間は15:30~20:00の間で調整させていただきます。

 

 

参加費

無料(事前申し込み制)

 

 

定員

80名(定員に達した場合は締め切ります)

 

 

申し込み方法

参加申込書iconsetに必要事項を記入の上、FAX(03-5809-2183)にてお申し込みください。お申し込み受付後、開催1週間前までに受講票をメールまたはFAXで送付します。

 

 

申込締切

平成29年11月22日(水)

 

 

詳細

機能性表示食品セミナーパンフレットiconset

 

 

問い合わせ

公益財団法人 食品流通構造改善促進機構iconset 担当:業務部 穴見(あなみ)

〒101-0032 東京都千代田区岩本町3-4-5 第1東ビル6F

TEL.03-5809-2176 FAX.03-5809-2183