活力ある企業経営をサポートする「帯広商工会議所」の公式ホームページ

ホーム調査・統計大型店・スーパー売上実績調査 > 平成31年調査結果

調査・統計

平成31年調査結果

(2019年03月13日 更新)

平成31年大型店・スーパー売上実績調査報告

 

平成31年1月 大型店・スーパー概況

大型店概況

市内大型店5店の売上総額は、18億700万円・前年同月比97.7%となった。

5店全てが前年同月実績を下回った。食料品は一部、イベント効果により大きく伸びたものの全体としては前年並みとなった。衣料品は、暖冬小雪による影響で1店を除いて前年同月実績を大きく下回った。

食料品は、全体で8億7,600万円・前年同月比100.9%となった。5店中3店が前年同月実績を下回り、他の2店は前年を上回った。マイナス店の下げ幅が小さく、1店のイベント効果による売上伸長がカバーし全体では前年を上回った。

衣料品は、全体で4億5,100万円・前年同月比93.3%となった。暖冬小雪の影響から冬物クリアランスが不調で5店中4店で前年を下回り、全体として前年同月を大きく下回る厳しい結果となった。

 

1月大型店売上実績

 

スーパー概況

スーパー3社の売上総額は、30億1,500万円・前年同月比97.4%となった。

1社が前年より1店舗減(9/30閉店)となっていること、野菜価格が低く推移したことなどで、全体では前年同月を下回った。

食料品は、全体では28億9,100万円・前年同期比97.5%となった。

 

1月スーパー売上実績