活力ある企業経営をサポートする「帯広商工会議所」の公式ホームページ

ホーム地域振興・イベント帯広・十勝のトピックス > 帯広市の花「クロユリ」のプランターを設置

地域振興・イベント

帯広市の花「クロユリ」のプランターを設置

(2018年06月19日 更新)

帯広市の花「クロユリ」の認知度向上及び郷土シンボルに対する市民意識の醸成を目的として、帯広市駅北多目的広場をはじめとする市内9か所に プランターを設置しました。

昭和41年に帯広市の花に制定された「クロユリ」は、アイヌの人々の暮らしの中で、衣食や薬などと密接な関わりを持っていた花であり、当地にもその群生地があったと考えられています。IMG_0094

また、花言葉にもアイヌ文化にまつわる伝説があるとされており、古くから当地との文化的な結びつきが強い花です。

本事業は、市の花である「クロユリ」が市民に十分に認知されていないというアンケート結果を受けてスタートし、今年で2回目の実施となりました。

プランターの設置期間中は天候に恵まれたこともあり、可憐なクロユリの姿が市民や観光客の目を楽しませていました。

 

設置期間

平成30年5月15日(水)~6月15日(金)

 

設置場所

・帯広駅北多目的広場

・帯広経済センタービル

・帯広市役所

・北海道十勝総合振興局

・北の屋台

・帯広駅観光案内所

・とかち帯広空港

・帯広市図書館

・とかちプラザ