活力ある企業経営をサポートする「帯広商工会議所」の公式ホームページ

ホーム地域振興・イベントイベント > 十勝最大の食と音楽の祭典「とかちマルシェ」を開催

地域振興・イベント

十勝最大の食と音楽の祭典「とかちマルシェ」を開催

(2018年10月01日 更新)

十勝の食を満喫!過去最多10万6千人の来場で大盛況!DSC_0114

とかちマルシェ運営協議会(会長・川田章博 帯広商工会議所副会頭)では、十勝の豊かな食の魅力発信、地産地消の推進及び観光振興を目的とする十勝最大の食と音楽のイベント「とかちマルシェ」をJR帯広駅周辺一帯を会場に盛大に開催しました。

今年で8回目の開催となる本イベントの会場内には、十勝管内19市町村などから過去最多の133店が出店。十勝産の食材・食品や、それらを使用した料理が勢揃いし、来場者は音楽の生演奏を楽しみながら、十勝のグルメを堪能していました。 来場者数も過去最多の106,000人を記録。過去最多の出店と来場者で会場は大賑わいとなりました。

今年は十勝産小麦の普及促進と十勝産小麦使用のパン食文化の更なる発展・追究に繋げることを目的に、十勝管内のパン屋が考案した「十勝産小麦100%使用のとかちマルシェ限定オリジナルパン」を販売し、十勝産小麦の美味しさを発信する特別企画として「マルシェベーカリー」もオープンし、多くの買い物客で賑わいました。CIMG1408

また、十勝産食材を使用したレシピの開発による十勝産食材の魅力の掘り起こしと発信を図る目的で、全国の高校生を対象に開催した料理レシピコンテスト「とかちマルシェ料理甲子園」では、一時審査を通過した20チームが帯広調理師専門学校を舞台に調理審査に挑み熱戦を繰り広げました。第3回目の開催となった今年は、3年連続出場している京都府の福知山淑徳高校が「栄養たっぷりハスカップだれのワンプレート豚丼」を考案・調理し、念願の優勝に輝きました。その他出場校から提案された地域性や十勝産食材の特長を活かした新しい食べ方・調理方法も目を見張る素晴らしいものばかりで、高校生ならではの柔軟な発想と活気に溢れたコンテストとなりました。

本協議会では、今後も、帯広・十勝のみならず、道東を代表するイベントとして、食を通じた地域の魅力発信と観光誘客に取組みます。

 

 

開催日時

8月31日(金) 午後4時~午後9時(JR帯広駅北側会場の飲食エリアのみ開催)

9月1日(土) 午前10時~午後9時(午後6時以降はJR帯広駅北側会場の飲食エリアのみ開催)

9月2日(日) 午前10時~午後4時

 

会場

JR帯広駅周辺(JR帯広駅北口広場・南口広場、南公園、とかちプラザ)

 

出店数

133店(前年:130店)

 

来場者数

106,000人(前年:98,000人)

 

主催

とかちマルシェ運営協議会(とかちマルシェ推進協議会、十勝フェスタ実行委員会)

・とかちマルシェ推進協議会(事務局:帯広商工会議所内)

 (構成団体:帯広商工会議所、帯広市、(一社)帯広観光コンベンション協会、十勝観光連盟、(一社)帯広物産協会、(公財)とかち財団)

・十勝フェスタ実行委員会(事務局:帯広市観光課内)

 

共催

北海道新聞帯広支社、十勝毎日新聞社、Myとかち推進会議、とかち産業団体協議会

 

協賛社

帯広信用金庫、帯広調理師専門学校、川田工業㈱、JR北海道 帯広駅、㈱明治、十勝信用組合、㈱北洋銀行帯広中央支店、㈱北海道銀行帯広支店、YSヤマショウ㈱、㈱曽我、十勝バス㈱、㈱丸勝、㈱伊藤園帯広支店、㈱北陸銀行帯広支店

 

特別協賛

十勝地区農業協同組合長会、十勝酪農畜産対策協議会、山崎製パン㈱、池田町ブドウ・ブドウ酒研究所、㈱カルテック、ホテル日航ノースランド帯広、NTT東日本 北海道東支店

 

特別協力

サッポロビール㈱、ポッカサッポロ北海道㈱

 

後援

北海道十勝総合振興局、NHK帯広放送局、OCTV帯広シティーケーブル、FM-JAGA、FM WING

 

公式ホームページ

http://tokachimarche.com/

 

問合せ

帯広商工会議所 産業振興部 商工観光課

TEL:0155-25-7121 FAX:0155-25-2940 E-mail:sawaki@occi.or.jp