活力ある企業経営をサポートする「帯広商工会議所」の公式ホームページ

ホーム創業・経営支援経理・申告 > 2019年10月の消費税軽減税率導入と事業者の対応方法について

創業・経営支援

2019年10月の消費税軽減税率導入と事業者の対応方法について

(2019年03月08日 更新)

2019年10月1日より、軽減税率制度がスタートします

2019年10月1日より、消費税率が10%に引き上げられます。それと同時に、一部の対象品目には8%の税率が適用される軽減税率制度が導入されるため、従来の消費税増税とは異なり、企業にとって非常に大きな負荷がかかることが予想されます。直前に慌てないためにも、「制度」を理解し、消費税に向けた準備を計画的に進める必要があります。

 

業種を問わず全ての事業者に影響がある

軽減税率は食品表示法に規定する食品(酒税法に規定する酒類を除く)と、週2回以上発行される定期購読の新聞に適用されます。

特に食品については、外食やケータリングは軽減税率対象とならず、標準税率が適用されるなど複雑な判断が求められます。

また、購入の「経費」も対象となるため、作業現場で飲み物を購入したり、会議の際のお弁当を発注する機会のある事業者など飲食料品を提供しない事業者にも影響が及びます。

 

フローチャートで軽減税率導入に向けて必要な対策を確認

20190305171524_00001

STEP1

自社の商品が軽減税率の対象となるか確認しましょう

 ⇒ <STEP1>対象品目の確認

STEP2

軽減税率導入により変更となる事務処理を確認しましょう

 ⇒ <STEP2>変更となる事務処理の確認

STEP3

軽減税率制度導入に向けた国の支援策を確認しましょう

 ⇒ <STEP3>国の支援策の確認

STEP4

消費税転嫁対策の全体像を把握しましょう

 ⇒ <STEP4>消費税転嫁対策を確認

 

 

 

20190306110741_00001

本ページ掲載情報の詳細は小冊子「中小企業のための消費税軽減税率制度導入と消費税転嫁対策」に記載されています。

本小冊子は帯広商工会議所経営相談課窓口において無料で配布しておりますので、どうぞお申し出下さい。

また、各業界団体等の会合において複数配布される場合、在庫を確認しますので、事前に下記までお問合せ下さい。

 

問い合わせ

帯広商工会議所 産業振興部経営相談課

TEL:0155-25-7121 E-mail:info@occi.or.jp