活力ある企業経営をサポートする「帯広商工会議所」の公式ホームページ

ホーム組織事業報告 > 富良野商工会議所との交流促進事業「広域連携による特産品開発プロジェクト」始動

組織

富良野商工会議所との交流促進事業「広域連携による特産品開発プロジェクト」始動

(2017年12月12日 更新)

DSC_0970

 

帯広商工会議所と富良野商工会議所では、両地域の交流と連携強化を通じた相互の経済発展促進を目的に、両地域の素材や技術を活かした特産品開発プロジェクトを始動させました。

 

本プロジェクトは、相互の経済発展を見据えた地域間友好協力関係の構築を目的に、両会議所間で平成23年9月に締結した交流促進のための合意(5年間)に端を発するもので、本合意の下でこれまでに、とかちマルシェやばん馬まつりでの富良野ブースの設置や、「帯広から富良野へ、富良野から帯広へ」の相互ツアー造成、両商工会議所の議員会・女性会での交流などを行ってきました。

 

平成28年10月には、更に5年間の継続的な交流と連携強化のための合意を締結。今年度、本交流・連携事業の新たな取り組みとして、両地域の素材や技術を活かした特産品開発プロジェクトに着手し、㈱クリエイティブオフィスキュー所属の塚田 宏幸  氏(ブラッスリーコロン ウィズ ル・クルーゼ<札幌市>のメインシェフ)をコーディネーターに、両地域の生産者・加工業者や既存商品の視察を経て、商品企画の提案を受けてきました。

 

12月4日には、この提案をもとに特産品開発に係る帯広・富良野商工会議所工業委員会合同会議を開催。今後の事業の方向性やスケジュールについて協議し、平成30年度はマーケティング調査、商品の選定、試作品開発を行い、平成31年度に商品開発、商品化準備、平成32年度より地域事業者による商品製造・販売を展開する計画内容を確認しました。

 

今後は、地域事業者と両商工会議所によるプロジェクトチームを結成し、新たな地域特産品の商品化に向けて富良野商工会議所と連携し事業を推進します。

なお、特産品開発に係る帯広・富良野商工会議所工業委員会合同会議の出席者は下記のとおり。

 

 

 

帯広商工会議所

工業委員会 委員長 小沢 昌博

(㈱小澤建設 代表取締役)

 

同 副委員長 田中 克宜

(㈱マテック 執行役員取締役事務長)

 

専務理事 橋枝 篤志

 

 

富良野商工会議所

副会頭 西本 伸顕

(㈱北印 代表取締役)

 

工業委員会 委員長 市村 英規

(㈱アイキ産業 代表取締役)

 

同 副委員長 増山 省吾

(㈱増山建設 代表取締役社長)

 

専務理事 大玉 英史

 

 

 

問い合わせ

産業振興部 商工観光課 担当:下川